沼田市 リキテックM ミッションオイル添加剤 星野自動車サービス

サブページメイン画像

リキテックM
ミッションオイル添加剤

 究極のミッションオイル添加剤

リキテックMは、今までレースなど酷使される世界で使用し実績を積んできました。 リキテックMは、自動車やバイクよりも遥かに大トルクで高熱の摩擦熱が発生する大型の工業用機 械や重機で使用されているものを自動車やバイクにも使えるように改良した新しい商品です。 リキテックMは、基本的に添加剤が入っていない鉱物油にフッ素樹脂をまぜ混ぜこんだものです。


ミッションオイルに添加することにより、ミッションケース内をオイル
と循環し各部品の金属部の滑り性を向上させドライスタートによる金属剥離を防ぐとともに、ギアの歯飛びや構成パーツの延 命効果、ミッションのフリクションロス のフリクションスを減らす新しい添加剤です。



使い方によりデフやドライブシャフトのも混ぜて使用します

今迄、フッ素樹脂は摩擦係数が氷の次に小さい上に酸化しない良いものと解っている反面、他の物 質との混合性が弱くオイルの中ではすぐに沈殿し凝集すると言う難点がありました。最近のナノテ クの発展と独自の技術でオイル中でも混合し分散するように改良出来ました。 2012 年 11 月から色々なカテゴリーのレース車輌や商用車、街乗りの自家用車から通勤車等でテス ト使用してきました。皆さん、ギアの入りがマイルドになり油温が低い時でも上がりすぎている時 でも、シフトフィーリングが向上し
特にギアが入りにくいオイルが冷えている時にでも、違いを 体感してもらえたり、ミッションの抵抗が減る事により低速域でのトルクの違いが出ていると言っ ていただけます。


2013 年からS耐でテスト使用を始め、真夏の富士スピードウェイでの長時間使用では、「油温が高 めになってもシフトフィーリングが渋くならなかった。」と言って頂きました。又、同じく真冬の北 海道の寒冷地での長期テスト使用でも、皆さん「油温が低くてもギアの入りがいい!」とよい評価を いただけました。 ミッションが弱いと言われている 86/BRZ レースでも 2015 年からテスト使用を始め、使用されたチ ームは今年、プロクラス・クラブマンクラスのシリーズチャンピオンを獲得されました。 リキテックMは安全性にも全く問題はありません。フッ素樹脂自体は、330 度以上で熱せられ融解 しない限りは、他の物質に変化しませんし、他の物質への攻撃性もありませんのでミッション本体 や付属部品への腐食や浸食は考えられません。もちろん、プラスチックやゴム製品などの硬化や劣 化を促進するものでもありません。尚且つ、目詰まりや噛み込みの原因にならないよう、リキテッ クMに含まれるフッ素樹脂の粒子は大変細かいものになっています。以上のようなことから、これ までリキテックMには不具合などの報告やトラブルはなく、安全性にも自信を持っております。



特にギアが入りにくいオイルが冷えている時にでも、違いを 体感してもらえたり、ミッションの抵抗が減る事により低速域でのトルクの違いが出ていると言っ ていただけます。

 当社デモカーのリキテックM添加後の動画です

サーキットにての当社デモカーのリキテックM添加後のシフトダウンの様子です。
_____________________

TEL:0278-53-2248
>>お問い合わせはこちら

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは 
0278-53-2248
で受け付けております。 
営業時間8:30~18:00
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。
営業時間外・休日・イベント時等は
お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

車両制作・パーツ取り付け・販売の他のページ